fc2ブログ

第2期生が全員卒業いたしました!!

第2期生が全員そろって卒塾いたしました!


3月25日、日立市大みか町にある株式会社ティーエムピーのゲストハウスにて、ひたち立志塾第2期生の成果発表会が開催されました。当日は冷たい雨が降りしきる中でしたが、1期生の他、コメンテーターとしてお呼びした墨田区の浜野製作所の浜野社長、東京彫刻工業の花輪社長、高岡市のマーフィーシステムズの藤重社長など、総勢35名が集まりました。
もちろん、塾頭である一橋大学の関満博教授には、卒塾判定という重役を担ってもらいました。


最初に関先生の最終講話。
最終講話

続いて、ひとり20分の成果発表。
ところが、持ち時間を全員が超過してしまうという熱の入りよう。3時間30分にも及びました。
コメンテーターの浜野社長は、「すみだの塾はとかく脚光を浴びているが、日立のはもっとすごい。ぜひ、皆さんが核となり地域の活性化を進めて欲しい」と・・・。塾生は期待に応えられるよう精進しなければなりませんね。

発表蛭川

関先生の卒塾判定は、全員卒塾。でも、「できれば来年も受講しなさい」と塾活動の継続を勧められたり、自ら「留年を希望します」という塾生もありました。
かくも修了証書を全員が明け取りました。

修了証書授与

来賓の樫村日立市長は、「真面目に取り組んできたことが、発表を聞いて十分に伝わりました」とコメント。会場を提供してくださったティーエムピーの高橋社長は、「こうした勉強をするのは大切なこと。でも、勉強したことで臆病になってはいけない。縮こまらずに活躍して欲しい」とエールを送ってくれました。

集合写真2期生

集合写真全員

約1年に亘る塾活動がひとまず終了となりました。
どの塾生も5月の入塾時とは一味違っています。これは変化なのか、成長なのか?それを判断するのは顧客や従業員なのかも知れません。これからの日々の経営の中で、塾で気付かされたこと得たこと、知り合った人々のことを思い出しながら、行動に移して行かれることを切に希望いたします。

世話人Aとして、この塾活動を見てきましたが、それぞれの成果発表をみながら、何度も涙が出そうになりました。本当です。我々が意図した塾の狙いを全員が理解し、それを実現するために今後の努力を誓ってくれた・・・それだけで胸が一杯です。

遠くから来ていただいた浜野さん、花輪さん、藤重さん、そして塾の活動を監修していただいた関先生、ありがとうこざいました。
そして全国の仲間の皆さん、素晴らしい出会いをありがとうございました。

最後に2期生、
卒業おめでとう!あなた方は地域の宝です。 (世話人A 小山修)





スポンサーサイト



Copyright © ひたち立志塾